血糖値を下げる|健康的な生活をおくるために身体に良いフコイダンの知識を身につけよう!

ヘモグロビンa1cの数値は何を表すものなのか

ヘモグロビンa1cと糖尿病の関係とは

健康診断などでヘモグロビンa1cが高いと、必ず医師に注意されてしまいます。なぜなら、ヘモグロビンa1cは過去の血糖値の平均を表したものだからです。この数値が高いと普段の糖の摂取量が多いと言うことになり、糖尿病になってしまう可能性も考えられるので注意されるのです。

血糖値を下げる

男女

血糖値とヘモグロビンa1cの違い

ヘモグロビンa1cは、過去の血糖値の平均を出したものと説明させていただきましたが、血糖値との違いは、その日の血液の中にある糖の値を表したものなのか、それとも過去1~2ヶ月の糖の平均値なのかといったものです。

血糖値だけでは糖尿病なのか判断が難しい

血糖値の数値だけでは糖尿病と判断する事は難しいです。その日の食事が等分が少ないものであれば血糖値は低くなりますし、糖分が多ければ血糖値は高くなってしまいます。ですので、過去の平均値を出して血液の中の糖の値を測ることが大切なのです。

ヘモグロビンa1cや血糖値を下げるには

ヘモグロビンa1cや血糖値を下げるには、糖分が少ない食事を取ることはもちろんですが、積極的に運動をしたり、睡眠を充分に取ったり喫煙などを控えるといった方法があります。正しい健康的な生活をおくることで糖尿病のリスクを減らすことができます。

広告募集中